美容皮膚科・自費診療【だいとう皮フ科クリニック】高槻市の皮膚科|ピーリング イオン導入 シミ

DAITO SKIN CLINIC
だいとう皮フ科クリニック
お問い合わせは 準備中

美容皮膚科・自費診療

美容皮膚科・自費診療とは

美容皮膚科は主に美容を目的とした診療で、原則全額自己負担(自費診療)となります。
美容皮膚科以外でも、多汗症治療薬、男性型脱毛症治療薬などは自費診療となります。

当院で行う美容医療

ケミカルピーリング(AHA:グリコール酸、乳酸、リンゴ酸、クエン酸)

皮膚の表面に化学薬品(酸)を塗布し、古くなった角質や毛穴に詰まっている老廃物などを溶かして除去する施術です。ピーリングによってターンオーバーを整えることにより、にきび、しみ、くすみなどが改善していきます。
当院で使用する化学薬品は、AHA(グリコール酸+乳酸+リンゴ酸+クエン酸)で、グリコール酸の配合率が高いベーシックコース(サリチル酸配合)と、乳酸の配合率が高く美白効果に優れたブライトニングコース(グラブリジン配合)の2種類をご用意しています。ベーシックコースの後にブライトニングコースを続けて行うことも可能です(ダブルピーリング)。
施術中や施術後に、ヒリヒリした感触、かゆみ、赤み、肌のひきつれなどを感じることがあります。施術後は、抗炎症外用剤を塗布します。施術後は保湿剤、日焼け止めを使用していただきます。

イオン導入(ビタミンC、トラネキサム酸)

微弱な電流を流して、ビタミンC、トラネキサム酸などの有効成分を皮膚に効率的に浸透させる治療法です。
当院では、「水溶性ビタミンC誘導体+アミノ酸」と「トラネキサム酸+グリチルリチン酸」の2種類を用意しています。ビタミンCには、コラーゲン生成作用、皮脂分泌抑制作用、メラニン生成抑制作用、抗酸化作用、細胞活性作用などがあり、にきび、しみ、くすみ、しわ、たるみなどに有効です。一方、トラネキサム酸には、メラニン生成抑制作用、抗炎症作用などがあるため、肝斑、シミ、そばかす、くすみなどに有効です。また、アミノ酸には保湿効果、グリチルリチン酸には抗炎症作用があります。

シミのレーザー治療(Qスイッチルビーレーザー)

シミを除去したい場合に行う治療法のひとつがレーザー治療で、当院ではQスイッチルビーレーザー(NanoStar R:ドイツAsclepion社)を使用します。同レーザー光は、メラニン色素に選択的に吸収されるため、周囲の皮膚を傷つけにくく、照射時間は短時間で済みます。
照射後は、数日間赤みやヒリヒリ感が続くことがあります。照射部位は徐々にかさぶたとなって10日前後で剥がれます。その間、テープやスポッツカバーによる保護を行っていただきます。
また、照射後6か月ほどは、照射による炎症後色素沈着が出現することがあります。ビタミンC・トラネキサム酸の内服をしばらく継続し、日焼け止めの使用など、紫外線予防をしっかりと行っていただきます。

ルビーフラクショナル

フラクショナルハンドピースを使用して、細かくドット状に高出力で照射する方法で、通常の照射とは違ってダウンタイムが少なく、照射後数時間~数日は赤みや色素沈着を伴いますが、その後はおおむね普段通りの生活ができます。月に1回、計6回ほど照射すると、しみが取れていきます。組織の損傷が少ないので、炎症後の色素沈着のリスクも少ないです。

プラセンタ注射

プラセンタとは人間の胎盤から抽出されたエキスを利用したもので、更年期障害や肝臓疾患の治療に使用されてきた薬です(これらの目的で使用する場合は保険診療です)。その後、プラセンタにはメラニン色素の元となる活性酸素を除去する作用や新陳代謝を高める血行促進作用があるということが判明し、シミの予防や改善、ターンオーバーの改善、コラーゲンの生成などにも効果があるとされ、美容医療にも用いられるようになりました。
副作用については、重篤なものはありませんが、注射部位が赤く腫れる、痛むといったことがあります。なお、同治療を一度受けたら、献血をすることはできなくなります。

にんにく注射

にんにく注射とは、肉体疲労時の栄養補給に効果的なビタミンB1・B群とビタミンCを効率よく効果的に配合した注射です。体内注入時に、にんにくのような匂いが広がることから「にんにく注射」と呼ばれるようになりました。
何をするにもだるい、慢性的な肩こり・腰痛がある、目がショボショボする、いくら寝ても眠い…など、常に疲れている状態の体ににんにく注射を打つと、疲労や倦怠感が回復します。
効果につきましては1回の注射だけでも実感はできますが、継続的な効果を望む場合は週1回など定期的に受けるようにしてください。
ビタミンが主成分なので、重篤な副作用の心配はありませんが、注射部位に赤みや腫れがみられることはあります。

男性型脱毛症内服薬(フィナステリド、ザガーロ)

男性型脱毛症(AGA)では、前頭部と頭頂部の毛髪が軟毛化し、次第に細く短くなっていきます。最終的には頭の生え際が後退していき、頭頂部の毛髪がなくなっていきます。原因としては、遺伝的要因、男性ホルモンによる発毛サイクルの乱れなどが考えられています。
当院では、フィナステリド(プロペシアの後発薬)、ザガーロ(デュタステリド)の2種類の内服薬を扱っています。副作用としては、肝機能障害やうつ症状、性欲減退、勃起不全といった男性機能障害があげられます。これらの症状が出現した際には、服用を止めて医師へご相談ください。

まつ毛貧毛症治療薬(グラッシュビスタ)

まつ毛貧毛症は、まつ毛が「短い」「細い」「少ない」などの状態のことを言い、原因としては、まつ毛ケアによるダメージ、加齢、皮膚疾患などが考えられます。まつ毛を増やす方法としては、エクステンションやつけまつ毛がありますが、これらは目のトラブルが起きやすく、医師としてはお勧めできません。
当院では、まつ毛貧毛症でお悩みの方に、まつ毛育毛剤である「グラッシュビスタ」による治療を行っています。これは緑内障の点眼薬として用いられていたもので、発毛効果があることが判明してからはまつ毛育毛剤として使用されるようになりました。まつ毛の長さ、太さ、濃さを改善することが期待できます。またケアも容易で、1日1回、寝る前に上まぶたのまつ毛の付け根部分に一塗りするだけです。

副作用は、まぶたが黒ずむ、黒目の色が濃くなる、目の周りが多毛になるなどの症状や、目がしみる、目がかゆい、目が痛むといった症状が出ることがあります。このような症状がみられたらご相談ください。

多汗症治療(塩化アルミニウムローション)

多汗症とは、日常生活に支障をきたすほど汗を掻いてしまう状態で、タイプとしては体の一部のみ(腋や手のひらなど)限局的にみられる局所性多汗症と、全身的に多量の汗を掻く全身性多汗症があります。
多汗症の治療については、手術療法(胸部交感神経切断術)、ボツリヌス療法など様々ありますが、当院では、局所性多汗症に対して、塩化アルミニウムローションによる治療法を行います。これは塩化アルミニウムのローションを対象部位に塗って、エクリン汗腺の周辺に炎症を起こすなどして、発汗を抑えるものです。腋の臭いに対しても効果があるため、腋臭症の治療にも使われています。
副作用として、皮膚の赤み、かゆみ症状が出ることがあります。

ピアス

当院では耳垂(耳たぶ)限定となりますが、ピアスの穴開けも行っております。ピアスホール用器具が市販もされていますが、ご自身で行う場合はピアッシングのずれや皮膚の断裂、衛生管理面など様々なリスクが考えられます。このようなリスクをできるだけ避けるために、医院でのピアッシングをお勧めします。
ピアスの穴を開けるにあたっては、カウンセリングで開けたい部位をお聞きし、施術に関する注意点などを説明した上で行います。当院では、アレルギーを起こしにくい純正チタンやプラスチック製の素材である樹脂の医療用ピアスをご用意しています。軟骨部や臍部には行っておりません。