小児皮膚科【だいとう皮フ科クリニック】高槻市の皮膚科|乳児湿疹 おむつかぶれ アトピー性皮膚炎

DAITO SKIN CLINIC
だいとう皮フ科クリニック
お問い合わせは 準備中

小児皮膚科

小児皮膚科とは

小児の皮膚は、皮脂量や角質水分量が低下していて皮膚のバリア機能が整っていないため、アレルゲンや異物が侵入しやすく、湿疹・皮膚炎や細菌・ウイルス感染症などを発症するリスクが高いとされています。また、乾燥でバリア破壊が生じると、かゆみの知覚神経の閾値が低下し、軽度の刺激でかゆみを生じます。このため、それぞれの症状に合った保湿などのスキンケアが重要となります。

小児皮膚科でよく見られる皮膚疾患
乳児湿疹、おむつかぶれ、アトピー性皮膚炎、じんましん、あせも、とびひ、虫刺され、いぼ・水いぼ、頭じらみ、ウイルス感染症 など

小児皮膚科で取り扱う主な疾患

乳児湿疹

乳児湿疹とは、生後まもなくから乳児期にかけて生じる湿疹の総称です。皮脂腺の分泌が多い頭やおでこ、擦れる部分などを中心に、黄色いかさぶた、カサカサ、紅斑が生じるのが乳児脂漏性皮膚炎です。生後2週目頃から皮脂の分泌が活発となるため、乳児脂漏性皮膚炎が生じやすくなります。生後3ヵ月頃からは皮脂分泌が減少してくるので、徐々に症状は軽快していきます。
発症の原因としては、皮脂による刺激、ヒトの毛包脂腺系に常在する真菌(カビ)の一種であるマラセチアなどが考えられています。
治療法として、まずはスキンケアが第一で、よく泡立てた石けんで十分に洗浄します。炎症が強いようであればステロイド外用剤を用います。

おむつかぶれ

尿や便に含まれる消化酵素などによって皮膚が刺激を受け、炎症(かぶれ)を起こした状態をおむつかぶれと言います。おしりを拭く際に伴う摩擦行為などの外的な刺激も加わり、おむつが当たる部位に赤いブツブツやただれがみられるようになります。主に肛門、外陰部の周囲から赤くなりはじめ、悪化すると皮膚表面がめくれることもあります。
おむつかぶれを予防するには、日頃から清潔にし、乾かしておくことが大切です。そのためには、おむつをこまめに替え、洗面器にぬるま湯を入れておしりをよく洗い、タオルで拭き取って乾かすようにします。治療としては、亜鉛華軟膏やワセリンを塗ります。症状がひどい場合は、ステロイド外用剤を短期間使用します。鑑別疾患として、カンジダ皮膚炎があります。真菌検査でカンジダを認めた場合は、抗真菌剤の外用を行います。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、慢性的に湿疹・皮膚炎を繰り返す疾患で、強いかゆみを伴い、季節などによって症状が良くなったり、悪くなったりを繰り返します。皮膚のバリア機能の低下、アレルギーを起こしやすい素因に、外的要因(ダニ、ハウスダスト、菌、ストレスなど)が加わり発症するとされています。
乳児期の発症が最も多く、湿疹が顔や頭に限らず、体・四肢に広がる場合や、2か月以上持続する場合は乳児アトピー性皮膚炎を考えます。幼児期・学童期のアトピー性皮膚炎では、乾燥型と呼ばれるアトピックドライスキンを基盤に生じているものが多く、ちょっとした刺激でも激しいかゆみを感じます。肘の内側、膝裏などに症状が強く出ます。治療は、ステロイド外用剤、免疫抑制薬(タクロリムス軟膏)、保湿剤、抗ヒスタミン薬の内服などを行います。また、中波紫外線療法(エキシマライト療法)も有効で、当院でも施行可能です。
慢性疾患ですが、医師の指導のもと、適切な治療、スキンケアを継続することで、良い状態を保つことが可能です。

じんましん

じんましんは、突然、皮膚の一部に大小様々な形をした赤いブツブツや盛り上がりがみられ、同時に強いかゆみが現れるものです。体全体に広がることもあれば、チクチクした痛み、熱く焼けつくような痛みを感じることもあります。しばらく時間が経過(数分~24時間以内)すると消えていくという特徴があります。粘膜にも症状をきたす場合があり、口腔内や唇が腫れたり、声のかすれや息苦しさが出現する場合には注意が必要です。
小児の場合は原因として、食物と感染症が重要です。食物アレルギーによって誘発される蕁麻疹は、卵白、牛乳、小麦、大豆、魚介類などによるものが多いです。運動後や入浴時に生じるコリン性じんましん、寒冷刺激を受けた部分に生じる寒冷じんましんなどもあります。
治療としては、抗ヒスタミン薬の内服を用います。じんましんの原因が判明していれば、原因物質との接触を極力避けます。慢性じんましん(6週間以上続くもの)では、抗ヒスタミン剤を定期的に内服し、症状に合わせて徐々に減量していく必要があります。

あせも

あせもは、汗腺の出入り口にホコリやアカなどが詰まってしまうことで炎症が起きるものです。特に汗が溜まりやすいとされる部分で発症しやすく、腋の下、首すじ、肘の内側、膝の裏、おでこ、髪の生え際などに多いです。基礎代謝量が多く汗をかきやすい乳幼児にできやすいとされています。炎症が起きるとかゆみや紅斑が生じ、患部を掻き壊してしまうと、場合によってはとびひを発症することもあるので注意が必要です。
予防が重要で、まず発汗を抑える工夫をし、風通しの良い涼しい環境を作ることが大切です。汗を掻いたらシャワーなどで洗い流し、こまめに着替えさせると良いです。衣類は吸湿性、通気性に優れた素材を用います。治療としては、ステロイドの外用薬、抗ヒスタミン剤内服薬などを用います。

とびひ

とびひとは、湿疹、あせも、虫刺され、アトピー性皮膚炎などの病変部や傷口などに、細菌が感染し、かゆみの強い水疱が現れて周囲や全身に広がっていくものを言います。掻き壊した部位から手などを介して水疱が広範囲に広がるのが特徴で、その広がり方は火の粉が飛び火する様に似ていることから「とびひ」と呼ばれるようになりました。正式な疾患名を伝染性膿痂疹と言います。
とびひには、2つのタイプがあり、ひとつは水ぶくれが生じる水疱性膿痂疹で、主に黄色ブドウ球菌によるもので、夏の時期に小児がよく発症します。もうひとつのタイプは、痂皮(かひ)性膿痂疹で化膿性連鎖球菌によるものです。こちらは水疱の形成は少なく、小さな紅斑から厚いかさぶたになるのが特徴で、アトピー性皮膚炎の患者様によく見られます。

治療は、抗生物質の内服と抗生物質含有軟膏を使用します。また、シャワーなどで患部を清潔にし、ガーゼなどで保護して掻破を予防します。掻痒を伴うことが多いので、抗ヒスタミン薬の内服も併用します。かさぶたができるまでは感染を拡散させないようにタオルの使い回しなどは避けてください。

虫刺され

虫刺されとは、蚊、ダニ、ノミ、アブ、ハチ、ケムシなどに刺されたり接触することで、赤みのある発疹やかゆみが生じる疾患のことです。症状は、虫の種類や刺された程度によって異なります。蚊に刺されると、すぐにかゆみを伴う紅斑が出現する即時型反応と、1~2日後に発赤や水疱・腫脹がピークとなる遅延型反応の両方が生じます。小児では、即時型反応はあまり出現せず、遅延型反応が強く現れ、著明な発赤、腫脹が生じることも多いです。また、注意が必要なのが、ハチ刺症です。ハチに刺された後、ハチに対するアレルギーが成立してしまうと、2回目以降にハチに刺された際に、強いアレルギー症状が起こり、ひどい場合にはアナフィラキシーショックに至ることがあります。
治療は、ステロイド外用剤を短期間使用するのが基本です。腫れやかゆみが強ければ、抗ヒスタミン薬を内服します。症状が強い場合には、ステロイド薬の内服薬が必要になることもあります。
小児では、虫刺されの部分を掻き壊してしまい、とびひになることがあるので注意が必要です。

いぼ・水いぼ

いぼとは

ヒトパピローマウイルス(HPVウイルス)に感染することで発症するできもののことを尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)と言い、子どもによく見られます。健康な皮膚状態であれば感染しにくいですが、小さな傷口があれば、そこから感染して発症します。手足、爪の周囲、肘、膝などにできることが多いです。
発症して間もない頃は平らで小さく、時間の経過と共に大きくなって盛り上がっていき、表面がぼこぼこと硬くなっていきます。いぼ自体に痛みやかゆみなどの自覚症状はありません。しかし、足の裏にできた場合、圧迫を受けることから歩行時に痛みが出ることがあります。
いぼの治療ですが、当院では液体窒素療法※を行います。ヨクイニンの内服を併用することがあります。

液体窒素療法についてはこちら

水いぼとは

伝染性軟属腫ウイルスが原因で発症するできもので、水様光沢を帯びているため水いぼと呼ばれています。幼児から小学校低学年にかけて発症しやすく、アトピー性皮膚炎や乾燥性の湿疹を発症している小児や、プールで浮き輪やタオル等を共有することで感染します。水いぼの周囲は湿疹が生じていることが多く、掻破により水いぼの数は増えていきます。痛みやかゆみなどの症状が現れることはありません。
水いぼは放置をしても半年~1年ほどで自然に消退しますが、感染力が強いこと、見た目の問題などから多くの場合は除去します。当院では、専用のピンセットを用いて、一つずつ内容物を出していきます。その際に痛みが伴うので、麻酔テープを使用して行います。

ウイルス感染症

ウイルス感染症のうち、皮疹が出現する皮膚科領域の疾患には、次のようなものがあげられます。

水痘(水ぼうそう)

水痘・帯状疱疹ウイルスに感染することで発症します。2週間ほどの潜伏期間の後、37~38℃台の発熱とともにかゆみのある小さな赤い丘疹が全身に出現します。やがて発疹は水疱となってかさぶたを形成します。ここまでの期間は約1週間ほどで、すべての水疱がかさぶたになれば、登園・登校可能です。治療としては、抗ウイルス薬の内服を処方します。

麻疹(はしか)

麻疹ウイルスが病原体で飛沫感染によって感染します。約2週間の潜伏期間を経て、発熱(38~39度)、鼻水、せき、のどの痛みなどが見られるようになり、その後3日ほど経過していったん解熱するも、再度高熱とともに皮疹が出現します。頬の裏側となる口内の粘膜にコプリック斑という白いブツブツしたものがみられるようになります。そして赤い斑が顔や首から全身に広がっていきます。5日ほど続いた後、発疹は色素沈着を残して消退します。解熱剤、咳止めなど対症療法が中心となります。

風疹(三日ばしか)

風疹ウイルスの感染症で飛沫感染によって感染します。2~3週間の潜伏期間を経た後、軽度の発熱とともに全身に赤い小丘疹、頸部耳部リンパ節腫脹がみられます。症状は3~5日ほどで色素沈着を残さずに消失します。妊娠して間もない妊婦が発症し胎児に感染すると、生まれてくる子供に先天性白内障、心機能の異常、難聴といった障害(先天性風疹症候群)が生じる可能性があります。そのため、妊婦さんへの感染には注意が必要です。

突発性発疹

ヒトヘルペスウイルス6型もしくは7型に感染することで発症するウイルス感染症で、39度近くの高熱が突然生じ3~4日続いて解熱した後に、全身に発疹(多くは小さな紅斑)が出現し、2~3日で消失します。くしゃみやせきなどの症状は出ません。高熱時も元気がよいのですが、発疹時は機嫌が悪くなり便が軟らかくなることもあります。発疹には痛みやかゆみはありません。治療は主に対症療法になります。

伝染性紅斑

ヒトパルボウイルスB19による感染で発症するもので、約2週間の潜伏期間後、顔面に強い平手打ち様の紅斑が出現します。そして1~2日後、四肢などに網目状の紅斑を認め、5~7日で色素沈着を残さずに消退します。発熱は通常みられず、あっても微熱程度です。時々、関節痛が見られることもありますが、2~4週で自然に治癒します。治療は、抗ヒスタミン薬などの対症療法であり、伝染性紅斑の出現時にはウイルスの排出は終息しているため、出席停止の必要性は無いです。

手足口病

主にコクサッキーA16ウイルスとエンテロウイルス71の感染で発症するウイルス感染症です。2~7日の潜伏期間の後、腹痛、下痢、食欲不振、37度台の発熱などの前駆症状を認め、手足口に特徴的な皮疹が出現します。手のひら、足の裏、指趾の側面、口腔内などに小水疱と紅斑が出現します。乳幼児では、臀部、肘、膝周囲にも紅色丘疹や小水疱を生じることがあります。口腔内の痛みのため、哺乳量や食欲の低下で気づかれることが多いです。約1週間~10日で軽快、治癒し、色素沈着を残さずに皮疹も消退します。治療は対症療法であり、脱水にならないように注意します。症状が軽快すれば周囲への感染力は低くなりますが、2~4週間は糞便中にウイルスの排泄があるとされているため、手洗いなどを念入りに行うことが大切です。

頭じらみ

頭髪にシラミが寄生している状態を頭じらみと言い、園児や小学校低学年の児童によく見られます。主な症状としては、頭のかゆみ、湿疹で、髪の毛に多数のしらみの卵がつきます。
頭髪に寄生するアタマジラミは体長2~4mmほどで、髪同士が接触することで寄生するようになります。そのため、毎日入浴して髪を洗っていたとしてもうつることはあります。診察の際、シラミは動きが早いので成虫を見つけるのは困難であるため、アタマジラミの卵を探します。卵は側頭部、後頭部、耳の後ろなどにあることが多く、長卵円形で光沢があり、毛髪に固着して取りにくいのが特徴です。
シラミが確認されば、除去のためのシラミ駆除薬フェノトリン(スミスリン)シャンプーを使用します。1回目のフェノトリン処置で成虫、幼虫は死滅しますが、卵には効果がないため、シラミを全滅させるためには、卵から孵化した幼虫を殺虫するために3~4日に1回、計4回の処置が必要です。